小姑の里帰り

小姑が第二子出産に向けて、里帰りすることになった。
第一子出産の時は、嫁の私は同居していなかったため、全く関係なかった。
しかし今回の里帰りの話で上の子を連れてくるかで一悶着あり、嫁と姑はやはり距離を保ち、距離を縮めるべきではないと思った。

同居している嫁は誰だって、小姑が帰ってくるのをよく思わないだろう。
小姑は誰だって、実家だから帰るのが当たり前だと思うだろう。
小姑の親は誰だって、娘に帰ってきてほしいと思うのだろう。
この三つの感情はどれも間違ってはいないが、どこで折り合いをつけるか難しいところだ。
この話し合いの席で私は姑に、
「娘が帰ってくる時、別にいなくても良いのよ。なんだったら実家に帰っててもいいし」と言われた。
私も考えていたことだったが相手から言われると、いると迷惑と言われている気がして、嫌な気持ちになった。
姑は思っていることは伝えれば、より良い関係を築けるという考えだ。
でも私は一定の距離を保ち、言葉も選ぶべきだと思う。
姑の真意はわからないが、私は小姑が里帰りしている期間、丸々実家に帰ろうと決意した。