ホントそうなのよ

さて、どこへ行こうかしらね。ネットは広大だわ。

私の好きな映画の、ラストのセリフです。

インターネットの海を泳ぎぬき、
これからも泳ぎきっていこうとする女性の物語。

情報の海に溺れ、自力で動けなくなって硬直し、
海底へ沈んでいくという女性ではない。

私が一番なりたいものかもしれない。
せっかくインターネットの時代ジャストに生まれたのですもの。

もっとも、女性が映画の後どうなるのか、
わからない描き方ではありますが。

好きな映画ですが、内容が重すぎて、疲れてるときは見れない。
たまに見ても、早送りしながら。いい加減なものです。

シュミのいい映画とは言い切れないなと思うのですが、
なんともどうにも好きらしくて、たまにひっぱりだしてしまう。

ずいぶん昔になりますが、その映画の監督が、
自分から情報を必死で集めに回るということが無くなった、
ということをおっしゃっていました。

必要な情報は入ってくる。それを待つことにした。

なんかそういうの、わかる気がする。