Archive | 9月 2014

最近の天気は本当に変ですよねえ。まだ梅雨なんですよね。いつ梅雨は終わるんだろう。。。さっきまで太陽が顔を出しているかと思ったら、雲が空を覆って冷たい風が吹いたら大雨になったりして。本当に傘が手放せない日が続いてますよねえ。なので外出掛ける時はタイミングを間違えると雨に降られちゃうんですよねえ。本当にタイミングが大切なんですよね。明日からまた天気が悪い日が続くみたいで、鬱になりそうですね(笑)明日は特にやることはないですが、そろそろ買い物に行かないといけない感じになってきました。明日は毎週恒例なしゃけのホイル焼きでもやりますかって感じですね。これは美味しくて簡単だから作っちゃいますねえ。しかもお弁当にもそのまま入れれて楽なんですよ。旦那もこのしゃけのホイル焼きが好きなので毎週作っているんです。旦那が言うには毎日これでもいいってことですけど本当かなって感じですね(笑)さすがに毎日は飽きますよねえ。私は飽きます(笑)

This entry was posted on 2014年9月26日 and tagged .

今回も有名人が行っています

サッカーのワールドカップブラジル大会の予選グループの真っ最中なのです。
既に決勝トーナメントの進出を決めた国もあって盛り上がっているそうです。

サポーターたちも第2戦の地に移動しています。
今回のワールドカップブラジル大会に観戦に行った中には芸能人も行っていた人もいました。

サッカー解説者も現地に行っていますが現地で解説する人は大変だと思われています。
毎日、取材をしていると日焼けをしているので大変だと思っています。

開幕戦となったブラジルvsクロアチア戦には大島優子さんも行ったそうです。
これがAKB48を卒業して初めての仕事だったそうです。

日本戦は見れなかったそうです。
と言いますのも2泊5日の強行スケジュールをだったそうです。

劇場卒業公演が終わって次の日ぐらいにブラジルに行ったのでのんびりは出来なかったそうです。
開幕戦を見れて良かったと思われています。

横浜FCの三浦知良選手も行っているそうです。
と言いますも彼は高校を中退後にここでサッカーをしていたのです。

クラブチームに入っていたのですからレベルがあると思われました。

もちろん、代表選手の家族も現地に行った人もたいので応援はしているそうです。

しかし、盗難が相次いでいまして大変な事が起きていたのです。
中には日本戦のチケットを盗難の被害になっている人もいます。

今、臨時の日本大使館も要注意と呼びかけているのです。

決戦も明日になりましたが、被害が止まらない公算も出ているので危険はあると思われています。

しかし、初戦のコートジボワール戦の後にスタンドを清掃した事が世界中に知れ渡りまして話題にもなったのです。
SNSでも投稿が相次いでいまして評価を呼んでいます。

明日もこの行動があると思われています。
犯罪や反対運動している人たちにはどう思っているのか気になるのです。

素晴らしいと思っても良いと思います。

今日は地元のホテルで決起集会をしたそうです。
もちろん日系ブラジル人も一緒に参加してやったそうです。

敵味方関係なく明日はやってほしいと思っています。

蒼き狼

源九郎義経は、竜飛岬から北海道に逃げて、

さらに、ぐるっと回って、
モンゴルまで逃げて、ジンギスカンになったんだ。

いや、さすが、それはない。

ていうか、それはやめてくれと
言いたくなるような説ですが。

まあ、平泉からモンゴルに直行よりは、
北海道からぐるっとの方がありそうな…

ていうか、私はあってほしくないんですが。

いくら昔の肖像画で、あてにならないといっても、
あっちとこっちと違いすぎです。

キャラクターも…

こっちで鵯越に八艘飛びををしていたのが、
北海道を経由して、ぐるっと回ってモンゴルに行って、
そっちで蒼き狼をやってるというのは…

話に無理がありすぎて、私には辛すぎる。

もっとも、義経ジンギスカン説は、
好む人が多いのか、それらしい事蹟があるのだか、
完全に消えては…いないんだろうなあ。

正直なところを、白状しましょう。

私は、村上元三氏の「源義経」と、
井上靖氏の「蒼き狼」のファンなので。

「源義経」の続編が
「蒼き狼」になってしまうのでは、なにかと困るんです!

ホントそうなのよ

さて、どこへ行こうかしらね。ネットは広大だわ。

私の好きな映画の、ラストのセリフです。

インターネットの海を泳ぎぬき、
これからも泳ぎきっていこうとする女性の物語。

情報の海に溺れ、自力で動けなくなって硬直し、
海底へ沈んでいくという女性ではない。

私が一番なりたいものかもしれない。
せっかくインターネットの時代ジャストに生まれたのですもの。

もっとも、女性が映画の後どうなるのか、
わからない描き方ではありますが。

好きな映画ですが、内容が重すぎて、疲れてるときは見れない。
たまに見ても、早送りしながら。いい加減なものです。

シュミのいい映画とは言い切れないなと思うのですが、
なんともどうにも好きらしくて、たまにひっぱりだしてしまう。

ずいぶん昔になりますが、その映画の監督が、
自分から情報を必死で集めに回るということが無くなった、
ということをおっしゃっていました。

必要な情報は入ってくる。それを待つことにした。

なんかそういうの、わかる気がする。

This entry was posted on 2014年9月19日.

なんとしても、間に合わせます。

絵の仕事にも、
スンバラシイ絵を描くのが仕事なのと、
「いつどこで誰がどうして必要なのか」を割り出し、
その目的に合わせて間に合わせる仕事があります。

かるっぱかしい絵が必要なら、さらっと済ませる。
重厚な絵が必要なら、ちょっと手をかける。

野球のピッチャーで言うと、

誰にもうむを言わせぬスンバラシイ投球。
これはもう、世界中、どんなバッターにも打ち返せない。

というのと、

誰に打ち返せないとまでは行かない、
たいがいのバッターには打ち返せない程度。
でも、軽いのから重いの、早いのも遅いのも、
ほぼすべての種類の球を投げることができる。

のがいます。

絵にもそういうのがいて、
私はだいたいまあ、ほぼすべて投げられますの方。

一つずつがスンバラシイとは言い切れないけれど、
専門の人にボコボコに言われるけど、

マンガっぽい。水墨画っぽい。日本画風に、油絵風。
カラフルなファンシー系に、
写真風の人物画(ちょっと古めかしい)。

アメコミ風にやれは、きつかった。
ゲームキャラ風は…ギャラ出るなら、やります(?!)。

This entry was posted on 2014年9月3日.